硬化後のレジン気泡を除去する方法

Uncategorized

硬化した後のレジン気泡を取り除く方法おすすめ【写真で図解】

2021-05-03

気泡が入らないよう注意してUVライトで硬化させたのに、後から気泡を発見してショックを受けるというのはそれほど珍しくありません。

もう硬化させてしまったので捨てるしかないと思うかもしれませんが、実は硬化後でも気泡を除去することは可能です!

というわけでこの記事では、硬化させた後のレジン気泡を取り除く方法や注意点を詳しく紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください

硬化後のレジン気泡を取り除く方法おすすめ

硬化後に気泡があるのを発見したレジン
硬化後に気泡を発見(泣)

今回は、硬化後にかなり大きい気泡を発見してしまったレジンクラフトを使って手順を解説していきます。

硬化後の気泡除去に必要な工具


気泡を取り除くのに必要なものは以下のアイテム

  • ピンバイス
  • やすり
  • 爪楊枝
  • 同じ色のレジン液
  • UVライト
硬化後のレジン気泡を除去

簡単に手順を説明すると、気泡に穴を開け、同じ色のレジン液を流し込み再度硬化させるという順番。

硬化後のレジン気泡を除去
硬化後のレジン気泡を除去

まずはピンバイスを使って気泡部分に穴を開けましょう。

ピンバイスはドリル刃とセットで使用

ピンバイスは、ドリル刃をセットすることにより好きな大きさの穴を自由自在に開けられる工具

100円ショップなどでも購入可能ですが、気泡の大きさに合わせて刃の太さを変えられるピンバイス+ドリルセットがおすすめです。

▼使い方や注意点はこちら

硬化後のレジン気泡を除去する方法
硬化後のレジン気泡を除去する方法

穴を開けたら、ヤスリで穴を開けたところを滑らかにしていきます。

硬化後のレジン気泡を除去する方法
硬化後のレジン気泡を除去する方法

削りクズが大量に発生するので…

硬化後のレジン気泡を除去する方法

一度水洗いして削りクズを完全に取り除きましょう。

硬化後のレジン気泡を除去する方法

後は同じ色のレジン液を注入してUVライトで再硬化させるだけ!

硬化後のレジン気泡を除去する方法

今回はちょっとだけ色が濃かったのでうっすら気泡の残像がありますが、まったく同じ色のレジン液を使えば跡形もなくなりますよ。

硬化後のレジン気泡を除去する方法
小さい気泡も対応可能

気泡のサイズに合わせてピンバイスのドリル刃を変えれば、ある程度小さな気泡にも対応できるのが嬉しいポイント。

硬化後のレジン気泡を除去する方法

小さい気泡を埋める際は爪楊枝などで同色のレジン液を流し込みます。

比較的根気がいる作業になりますが、軽くトントンしながらやるとうまく流れ込んでくれるでしょう。

硬化後のレジン気泡を除去する方法おすすめまとめ

硬化後の気泡除去に必要な工具

サイズにもよりますが、気泡の除去は意外と時間の取られる作業。

なので、材料がたくさんある時は作り直すという選択肢もあるでしょう。

封入したパーツを除光液で取り除く

中に封入したパーツだけ取り出して再利用したいときは、ネイル除光液にある程度の時間付けておくと緩んできて取り出し可能になりますよ。

▼硬化させる前に気泡を取り除いておく方法はこちら

▼わざと気泡を入れて作るレジンアクセサリーもおすすめ

レジン通信講座で資格取得

美しく着色したUVレジンアクセサリー

  • 自分の好きなタイミングで受講可能
  • 最短15時間で資格取得(平均受講期間は2ヶ月)
  • 最新の流行・トレンドを取り入れたデザインを学べるから結果が出やすい
  • プロ講師によるアフターフォローあり

※受講終了後、日本ハンドメイド・アクセサリー協会認定の卒業証書が発行されます

プロ作家が使用する教材(工具・材料など23,650円相当)がセットなのも嬉しいポイントで、自分の作品をネットや店頭で販売したい方は要チェックですよ

➤➤➤プロのアクセサリー作家を目指す通信講座の詳細はこちら

ネット販売初心者におすすめ



minne(ミンネ)は国内最大のハンドメイドマーケットで、たくさんのアクセサリー作家が活躍中!

登録無料&決済も代行してくれるのが嬉しいポイントで、「自分の作品が売れるかどうか試してみたい」という方におすすめです

➤➤➤minne(ミンネ)でいま人気のカテゴリーやランキングをチェック

▼チャームやチェーンを1個から購入可能

▼【要チェック】お得なクーポンコードあり



➤➤➤【毎週更新】いま人気のレジン用品ランキングをチェック

-Uncategorized